70年代怀旧风格作家手工制作日式洋娃娃

坐姿约18cm

约1970年代

站立不可

购于中野百老汇的紫阳花,日本著名的人形专卖店,老太太的店名和艺名都是紫阳花。大约70年代初某位人形女作家的作品,名字说过,可惜忘记了。身体采用软塑料,衣服全部手工缝制。

日本60年代开始流行洋风日式人形,中国人都知道的花仙子就是那时候的代表作。日式洋娃娃按分类属于“怪胎”,脸是欧美系,服饰看起来像日版的洋服,整体气息则是标准的日本风。

洋风日式人形目前依然屹立不倒,有专门的作家和收藏者。评价毁誉参半,传统派和收藏家不承认这种怪胎属艺术品。一涉及艺术,这种公婆各说有理的事很难扯。单纯这件人形,无论服装设计还是开脸都可圈可点,整体造型非常可爱,标准的抱人形,胖嘟嘟的脸蛋,婴儿肥的身体,最适合睡觉时怀抱,有助睡眠,顺便怀旧。

昭和レトロ手作り洋風人形

座り約18cm

約1970年代

作家物(サインなし)

かなり昔のお人形で、服に少し色あせこそあるが綺麗に保管されていた。常に座った状態で、お座り人形だ。全体的に可愛いが、特に可愛いお顔をしている。顔、手、足はソフビの素材で、他はぬいぐるみの様な作り。

点击购买

投稿者:

株式会社明月

株式会社明月2017年创立,持有包括书籍商许可(東京公安委員会登録番号:305491805941),特定国際種事業者(事業者番号:S-3-13-31612)在内的日本国合法资质,是一家追求情怀、文化和品位的公司。专门发掘各种不宜发掘的艺术品,包括但不限于各种少儿不宜的情色艺术。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です