ローマングラスの涙壺—世界で一番哀しい美しさの雫を集めた硝子小瓶

高約5 cm

底部直径約4cm

重約23.7g

地中海・エーゲ海

2〜4世紀頃

箱付

約2000年前吹きガラス製法で造られた、珍しい形状のローマングラスの涙壺。軽くて薄い半透明緑色で、表面全体に優雅で神秘的に輝く濃厚な銀化が見られる。一見地味だが、形も銀化具合も良し、なかなかのアンティークボトル。表面部分はガラスの銀化したところ、実物はもっと美しい。補修痕等はなし、自立感も抜群、奇跡的に古姿のまま残す七色胎に輝く幻想的な名器。

地下水浸食により、古代ガラスの多層構造化におこるプリズム現象は銀化現象という。ローマングラスは銀化ガラスともいわれ、古代の地中から発掘されたガラスと土が化学反応を起こし、虹色に輝くガラスになる。試験管を半分に切って、多少膨らみをもたせた様な小瓶を[涙壺]と呼んでいた。

涙つぼ(Lachrymatory):古代ローマにおいて、大切な人が亡くなった時に、また戦争に行く大切な人を思う時悲しみの流す涙をガラス製の壺で貯める習慣があり。美しい装飾が施され、愛する人を失った悲しみを入れ、涙が蒸発すると喪に服す期間が終る逸話もある。大切な人を想い涙を貯める光景は切なくもありロマンティックで、「世界で一番哀しい美しさの雫を集めた硝子小瓶」とも言われている。

古代イスラムでは、溜まった涙が不老不死の薬になると言われていたそうで、大切な人の死に際、流した涙を壺で溜める。 涙と一緒に悲しみと愛、想い出を溜めておく。涙を受け止めるために器を作ることは、故人は何と細やかに愛の感情を溢れるだろう。こ愛の傷は、どんな蜜となるだろう。

また、別の涙壺の話は、葬式の時「泣き女」を雇ってこの涙壺に涙をため、死者と一緒に葬ったという話。つまり、涙壺が悲しむ人がたくさんいたという一種のステイタスだった。

因みに、映画「時代屋の女房」のなかで、夏目雅子が持ち歩いている涙壺は、もう一つの形であり、現在の水差しと形が殆ど同じ、イランのガラス陶磁器博物館にも展示したことがある

ローマングラスの完品が高価で買えない、本体の代わりにガラスの破片と共に結構収集している人が多い。立派な完品涙壺でけっこう高額になっている。無論贋作も世の中で氾濫している。本品は某家旧蔵で、80年以上前倫敦の骨董屋におしかけて購入して、本物であることは間違いなく保証できる。

ガラスの製作そのものは古代メソポタミアで始まったと言われ、時代の変遷と共に持ち主の手を離れ、地中に埋められたガラスは、長い年月をかけて変成し、気候や風土などの条件が重なり合い、土の成分とガラスが同化作用を起こし、紫・緑・ピンク・白・赤など様々な色をまとうようになった。これをガラスの銀化現象(ガラスの錆)と言う。

銀化現象はガラスが土に埋まって数百年以上経過して初めて起こる現象で、地上の空気中では変化することはなく、また決して人為的に作り出すことが出来ない。つまり、ガラスの成分+水分+土壌+年月の条件が重なって発生する銀化がローマンの特徴。

Ancient Roman glass Lachrymatory(tear bottle)

Size: 5×4cm

Material: glass.

Date: Roman, 1st/3rd century A.D.

Origine: Roman empire.

Condition: good condition

Acquired: Tokyo, private collection

Provenance:The Supplier warrants that is has obtained this lot in a legal manner.

Small glass bottles were often found in Greek and Roman tombs, early scholars romantically dubbed them lachrymatories or tear bottles. The idea that people were collecting tears in them seemed like folklore. fell in love with the poetical conceit as much as anyone else.

A cosmetic historian or a  glass expert could have told a customer in 30 seconds  those bottles are not lachrymatories ,that the scientific truth will be uncovered eventually (it already has), until then, each of us can choose our own belief.

Doubtless Rome’semergence as the dominant political, military, and economic power in theMediterranean world was a major factor in attracting skilled craftsmen to setup workshops in the city, but equally important was the fact that theestablishment of the Roman industry roughly coincided with the invention ofglassblowing.

This inventionrevolutionized ancient glass production, putting it on a par with the other majorindustries, such as that of pottery and metalwares (as 20.49.2-12). Likewise, glassblowing allowed craftsmen tomake a much greater variety of shapes than before. Combined with the inherent attractivenessof glass—it is nonporous, translucent (if not transparent), and odorless—thisadaptability encouraged people to change their tastes and habits, so that, forexample, glass drinking cups rapidly supplanted pottery equivalents.

During the reign of Rome’s firstemperor, Augustus (27 B.C.-A.D. 14), as several well-established industriessuch as pottery- and textile-making were being expanded, the craft ofglassmaking was adopted from the East, turned into an industry, and adapted toRoman taste. By the mid-first century A.D.glass rivaled pottery in the domestic marketplace.

It was used fortableware and storage containers to hold everything from preserved fish to fineperfumes. Glass featured strongly in the Romandaily routine, from the early morning, when maids would apply perfumed lotionsto their mistress in preparation for her social rounds, to the late afternoon,when slaves would bring platters of food.

bowls of fruit, and jugs of wine—allof glass—to the supper table. And there was a place for glass even in Romanfunerary ritual, because it was custom to include all manner of domesticitems among the grave furnishings, to add comfort to the afterlife.

PAYPAL (For Overseas Customers)

日本の方も利用可能

Payment by PAYPAL is now possible.

Shipping cost is about $25.

After ordering, we will send you a settlement page by PayPal. I’ll contact you when I send those goods to you.

We usually ship within five working days.

オンラインショップで購入(在线购买)

投稿者:

株式会社明月

株式会社明月2017年创立,持有包括书籍商许可(東京公安委員会登録番号:305491805941),特定国際種事業者(事業者番号:S-3-13-31612)在内的日本国合法资质,是一家追求情怀、文化和品位的公司。专门发掘各种不宜发掘的艺术品,包括但不限于各种少儿不宜的情色艺术。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です